瞑想は毎日やろうとするから続かない?その理由と続けるコツ

 

こんにちは、はなこ(@hanaco1014)です

 

f:id:puspam:20170730085801j:plain

 

まえは「瞑想は毎日やったほうがいいよ」と伝えることが多かったんですが

すこし前からちょっと違うなぁと思い始めたんです

 

逆に、毎日やろうとするから続かなくなっちゃうんじゃ…?

 

なぜこう考えるのか、今日は語ってみようと思います^^

 

 

罪悪感がいちばんの敵だから

 

瞑想をやろう!と思うとき、多くのひとは

 

「これから毎日の習慣にしよう!」と意気込みます

 

でも、ただでさえ忙しい私たちです

追加で瞑想の時間をとるのはそんなに簡単じゃない

 

特に瞑想は、やり始めのうちは「これでいいのかな?」って半信半疑になりやすいです

そんな確信のないなかで時間を捻出するのは酷というもの

 

でも私たちは真面目なので

「これじゃいかーん」とじぶんに喝を入れようとします

 

こういった罪悪感は、間接的に瞑想をどんどん遠ざけてしまいます

瞑想=ちょっと疎ましいやつ になってしまうから

 

好きこそものの上手なれ、ですよ

瞑想のことが好きになったら勝手に毎日やりはじめる自分がいます

 

だからそれまでは、毎日やろうなんて意気込まずに

やりたい時にやるのが一番です^^

 

 

必要なときにやるから好きになる

 

上の話とつながっています。

 

「あ、この空いた時間にちょっと瞑想したいな」

 

そう思ったときが心から湧いてきたバロメーター。

 

自分の中からサインがでてたんでしょう

期待する必要はありませんが、そんなタイミングでの瞑想は自分を満足させてくれます

 

これ、いきなり不思議体験をするとかじゃないですよ

心から、「やってよかったぁ〜」と思えることを指してます

 

そういった満足感がたまっていけば、自然と瞑想のことがどんどん好きになります

 

それで、生活の中になくてはならないものまで格上げされたときに初めて

毎日やるかぁ〜と思い始めればいいんです

 

f:id:puspam:20170730090337j:plain

 

最後にもう一度。

好きこそものの上手なれ、です。

 

気負ってしまって、3日坊主にがんじがらめになって

瞑想のことを考えるとブルーになっちゃう…

 

そうなっている人はこの言葉を思い出してみてくださいね!