国際結婚までのストーリー3

 

こんにちは、はなこ(@hanaco1014)です

 

f:id:puspam:20170805142112j:plain

 

アメリカ人の彼と国際結婚するまでの馴れ初めを書いています

今日は第3話目。

 

1話目からスタートしたい方はこちら

 

hanacolabo.hatenablog.com

 

前回の話はこちら

 

hanacolabo.hatenablog.com

 

 

電話をかけ直すの巻。

 

f:id:puspam:20170808035725j:plain

 

友人Aから電話番号を聞いたであろう彼。

携帯に留守番電話が入っていたけれど、それがほとんど聞き取れなかった…

 

という状況でした。

 

ただ予定のことを話していたことはわかったので、意を決して電話をかけ直します

 

なぜ「意を決して」か、というと

その頃のわたしの英語力はまだまだで、英語での電話はハードルが高かったんです

 

恋のドキドキとは別の緊張をしながら電話をすると

案の定、会話がまったくかみ合いません

 

週末遊ぼうよ、っていう要件だったのですが

「saturday」と「thursday」が聞き分けられず、なんども確認したことを覚えています(笑)

 

電話に必死なので

「遊ぶべき?断るべき?」なんてところまで思考がまわりません

 

電話を切ったときには、週末に遊ぶ予定ができていました

 

 

そして土曜日。数時間のデートだと思いきや…

 

そして2人で遊ぶことになった日

ちょっとランチして、ビーチでおしゃべりして終わりかな?なんて想像していましたが

 

f:id:puspam:20170808035748j:plain

 

ランチを食べて(お腹いっぱい)

 

ビーチをお散歩しようと言われ(この後に解散かな?と思う)

 

カフェに行こうと言われ(確かに喉かわいたよね)

 

お腹空いた?ディナーにする?(お腹空いていないけれど断れない)

 

空が綺麗だね、星を見よう(・・・・・・・。)

 

 

一体、いつ解散??と何度も思いました(苦笑)

 

 

嫌だったら断るだろう、という考えの持ち主なので

わたしが断らなかったからいいやと思ったんでしょう

 

わたしはというと、知識として持っていた

「日本の”察する文化”は通用しない」

ということをここで肌で感じ、かなり戸惑いました(笑)

 

でも彼と過ごす時間自体は楽しくて、

 

人を笑わせるのが得意な人だな〜

頭がいい人だな〜

 

なんて思っていました

 

そしてこの日を境に、彼の猛烈アタックが始まります

 

To be continued...

 

 

hanacolabo.hatenablog.com