時には物を足して、カウンターをより美しく。物を蓄えたがりな彼との奮闘記

 

こんにちは、はなこ(@hanaco1014)です

 

f:id:puspam:20170812034706j:plain

 

わたしのパートナーは、物を蓄えるのが大好きです

タダでもらえるものは「とりあえずもらっておく」タイプの人

 

わたしは真逆で

タダだったとしても「必要ないならもらわない」人です

 

文化を紋切り型のように語るのは好きじゃないけれど

やっぱり彼は、アメリカの大量生産・大量消費の文化が根底にあって

わたしは日本の、良いものを1つ、長く大切にするっていう文化を受け継いでいます

 

もともとうちが茶道をやる家系で

祖父母の家に芸術的なお茶碗などが溢れていたのも関係しているかも。

 

さてその違いがどんな形で日常にあらわれるかというと

こんな感じです

 

f:id:puspam:20170812034937j:plain

 

彼がレストランから、ナプキンを「ちょいと拝借」してくるのです…(笑)

 

 

なんでもらうの…?

 

アメリカっておしぼり文化がありません

レストランでもらえるのは紙か布のナプキンです

 

なので彼の実家では昔からずっと、紙ナプキンを「ちょいと拝借」して

それを普段の食卓にだしているそう

 

そして彼はそれをご丁寧に継承してくれています

 

ちなみにわたしの実家は、濡らしたおしぼりでした

でも彼からするとそれは「バイキンがキタナイヨ」だそうです

(毎日除菌するのに!)

 

彼ファミリーの名誉のために補足すると、ナプキンを買うお金に困るような家庭ではないんですよ

でも「ちょいと拝借」できるなら(=タダでもらえるなら)それに越したことはないそう

 

 

かわいくないナプキン、退治作戦

 

わたしとしては、カウンターにぽいっと散ったナプキンはかなり嫌…(笑)

でも彼にとったら長年続けてきた、血となり肉となり〜な習慣

変える気はありません

 

さてどうする?と考えた結果

せめてナプキンが見えなくなるように、小物入れをつくろう

という結論に行き着きました

 

そして完成したのがこちら

 

f:id:puspam:20170812035045j:plain

 

麻ボックスです。

ちょっと可愛くなりました

 

 

使ったのはこちら

 

カリフォルニア州にはダイソーがあるので、そこでほぼ全て調達しました

 

f:id:puspam:20170812035213j:plain

 

f:id:puspam:20170812035230j:plain

 

このとじ針だけ手芸屋さんのMichaels(マイケルズ)にて

プラスチックなので使っている間に1本折れました…

 

f:id:puspam:20170812035354j:plain

 

編み物は初心者なので、YouTubeにお世話になりました

ハピママさんの動画はどれもわかりやすくておすすめです

 

www.youtube.com

 

 

彼の反応や、いかに…?

 

f:id:puspam:20170812035635j:plain

 

彼には完成してから用途を伝えました

 

「ナプキンもらってくるのはいいけど、このボックスに入る以上はやめてね」

「これがわたしたちの中道(ミドルポイント)だからね」

 

と言ったら、

なぜボックスに入れたがるのかわからん…という顔をしてましたが(笑)

納得してくれたのでよかったです^^

 

 

シンプルライフって、家族の協力がないとフラストレーションが溜まります

価値観が違う相手だと特に。

 

でもお互いがイライラしてまでシンプルを追求するのはいかがなものかと。

 

家族のミドルポイントを見つけてからの「すっきり!」が、いちばん心も空間もすっきりできるものですね^^