1分でできる習慣。シンプルライフを送るために不可欠なこと。

 

こんにちは、はなこ(@hanaco1014)です

 

f:id:puspam:20170824152329j:plain

 

シンプルライフを送るために欠かせない習慣があります

それは、寝る前に感謝ノートと褒めノートを書くこと。

 

なんでやっているかというと

この習慣のおかげで、毎日「幸せだわ〜」と感じることができるからです

 

 

欠けているからこそ、有るものに目を向ける

 

言う必要なんてないかもしれませんが、今のわたしの生活は完璧とは程遠いです

結婚しているのにお家がなくて、レンタルの安っちい家具を使っているし(笑)

 

hanacolabo.hatenablog.com

 

英語に苦労しないとはいえ、「もっと喋れたらいいのに…」と思うことは尽きません

 

シンプルを追求したいのに、ごちゃごちゃしている所はたくさんあります

 

欠けているところを探せば永遠に出せてしまうんですね

 

でもそれをしていたら、どんどん袋小路におちいってしまう

「無いもの」ばかりに目がいってしまって

「有るもの」もたくさんあるのに、そこをすっかり忘れてしまう

 

そんな循環は嫌なので、自分で積極的に舵取りをします

その方法が感謝ノートと褒めノートなのです。

 

 

シンプルライフの落とし穴

 

シンプルライフも、行きすぎると「無いもの」ばかりに目が行きがちになります

 

これもできてない

あれもごちゃごちゃ

 

大元をたどれば「幸せだわ〜」と感じるためにシンプルライフをやっているのに

なんだか本末転倒なことになっていたり。

 

より快適に、よりシンプルに

そういった気持ちで自分を奮い立てることも必要です

 

でもわたしの場合は、中道をいくのが自分に合っているようです

「無い無い」と追い込みがちな自分に

「有るよあるよ」と気づかせてあげる時間を作って、ちょうど良い力加減ができあがっています

 

 

感謝ノートの書き方

 

感謝ノートの書き方はこんな感じです

 

ルール①

1〜2分で書きます

 

ルール②

数は1つから3つくらい

 

ルール③

1つしか挙がらなくたって気にしません、う〜んと悩んでまで挙げる必要はナシです

 

大体、1つは旦那さんへ感謝したいことを挙げます

「今日もおはようと挨拶しながら笑いかけてくれた」とかのレベルです(笑)

 

あとはレジの店員さんが親切だった、とかでしょうか

今日は「マッサージ店のおばちゃんが子育てのこと話してくれて楽しかった、ありがたいな」と書こうと思っています(笑)

 

 

褒めノートの書き方

 

褒めノートはわたしにとって少し手強くて

いつも大体1つしか挙げられません

 

「やろうとしていたタスクが全部できた!すごい!」

 

とか…

はい、タスクを全部こなせる日の方が少ないのです(あはは)

 

でも何かしら挙げます

書き出すって不思議で、たったそれだけのことなのに随分前向きになれるからです

 

 

まとめ 

 

シンプルライフに不可欠なのは、「今あるもの」をぎゅっと抱きしめてあげる時間

できていることを認めてあげる時間、とも言えるかもしれません

 

だからこそ、夜の1分間で感謝ノートと褒めノートを書き出すのは、シンプルライフを送るために不可欠な要素なのです

 

ここまで書いてきて何ですが、必ず毎日やっているわけではありません

忘れる日もあります

仰々しい儀式にしないことが続けるコツなのかもしれません^^

 

自分をがんじがらめにしがちな方におすすめです