国際結婚までのストーリー9

 

こんにちは、はなこ(@hanaco1014)です

 

f:id:puspam:20170805142112j:plain

 

アメリカ人の彼と国際結婚するまでの馴れ初めを書いています

今日は第9話目(長いですね!笑)

 

1話目からスタートしたい方はこちら

hanacolabo.hatenablog.com

 

前回の話はこちら 

hanacolabo.hatenablog.com

 

 

付き合い始めてから言葉の壁で落ち込む…なんてこともありながら

それでもアメリカ国内での遠距離恋愛は続いていました

 

そんな中、彼から突然こんなことを告げられます

 

 

遠距離恋愛じゃなくなった!

 

f:id:puspam:20170901125235j:plain

 

「あ、そういえばまたマウイに行くよ!」

 

って、えぇぇ〜!

かなりのびっくり発言です。

 

「実はまたマウイで仕事ができないか交渉してたんだ」

「オッケー出たから待っててね!」

 

と言うなり、あれよあれよという間に彼がまたマウイ島に戻って来ます

 

それからは、また以前のように直接会える楽しい日々の復活です

 

子どもの頃のこと、学生生活、海外で好きな場所

家族のこと、パートナーに求めること、相手の良いところや悪いところ…

 

とにかく色んなことを話して

色んなところに遊びに行きました

 

 

 刻々と近づく、わたしの帰国日…

 

f:id:puspam:20170901125644j:plain

 

というのも、わたしの帰国日がそろそろと迫っていたからです

 

ラスト1ヶ月は本当に切なかったです〜!

もっと彼のことを知りたいし、もう1年延長しようかと考えたこともありました

 

でも、わたしのアメリカ生活は「遊学」の類のもの。

冷静と情熱の間(?)と言えばいいのか…

その状況をシビアに客観視するわたしもいます

 

留学でたまたま会ったアメリカ人の彼のために

1年キャリアを送らせてぷーたろーするの?

 

はい。

最終的には、大差で冷静なわたしが勝利しました

 

彼のことは大切だし好きだけれども

日本とアメリカの遠距離恋愛で、このまま続くかな〜と妙に冷静に考えていたことを覚えています

 

空港までお見送りに来てくれたんですが

「これで会うのも最後かな…」と思ったり(苦笑)

 

ですが彼は手強かった

どこまでも追いかけてきてくれたのでした

 

To be continued...

 

 

hanacolabo.hatenablog.com