ものを大切に、長く使う。包丁と砥石と、母から受け継いでいくもの。

 

こんにちは、はなこ(@hanaco1014)です

 

f:id:puspam:20170908094110j:plain

 

結婚してアメリカに移住することになったとき、母と包丁を買いに行きました

買ったのは、ベターホームのこちら

 

f:id:puspam:20170908093253p:plain

商品詳細ページ | ベターホームの通信販売 | 包丁

 

包丁のことは何もわからないわたしのために、万能なものを1つ選んでもらいました

それからずっと、野菜、果物、お魚…何を作るにも包丁はこれ1本だけ

 

それ以外に祖母からもらった木屋の包丁も持っているのですが、まだ早いかなという気持ちもあって、いまは眠らせています^^

 

最初は手を切ってしまわないか心配になるくらい鋭かったのに

しばらく使い込んだので、だいぶ切れ味が落ちてきました

 

そこで、同じく母からもらった(そしてずっと放置していた)砥石をついに使ってみました

 

 

砥石の使い方

 

砥石が入っていた箱には、昭和の香りがぷんぷんするイラスト付きでした(笑)

 

f:id:puspam:20170908094246j:plain

 

これをしっかり読んで、見よう見まねでシャリシャリ…

瞑想をしているような気分でした。

研ぐたびに、心が落ち着きます

 

 

でも、ちゃんと研げているのか初心者だとイマイチわからないものですね

YouTubeで動画を検索して再度やってみました

 

これがわかり易くてよかったです^^


【貝印】【砥石を使った包丁の研ぎ方(洋包丁・両刃編)】

 

研いでみたら、やっぱり違う!

切れ味が元どおりになりました

 

 

ものを大切に、長く使う

 

研いで、気持ちいいほどよく切れるようになったベターホームの包丁。

 

何でもスパスパ切れて心地いい反面

切れにくかった分だけ、包丁をがさつに扱ってしまっていたんだなぁとなんだか反省しました

 

記念すべき、わたしの1つ目の包丁です

使いにくくなったら他のもの…ではなく

愛着をもって、この子と長くお付き合いできる間柄になりたいものです

 

 

家の伝統を受け継いでいく

 

ちなみに、ベターホームの包丁を選んだのは

母が結婚を機にお料理を習いに行ったのがベターホームだったからです

 

たった2代ではあるけれど、こうやって受け継ぐ流れがあることが、なんだかこそばゆい。

 

まだ生まれてもいないのに、わたしは娘になにか残せるのかなぁ…なんて思いを馳せたのでした。