転売、捨てる、寄付、譲る…自分に一番合う「モノの手放し方」、知っていますか?

 

こんにちは、はなこ(@hanaco1014)です

 

f:id:puspam:20170920080007j:plain

 

早いもので、あと1週間ちょっとでカリフォルニアともさようなら

シカゴへと移動になります

 

というわけで断捨離に熱が入っています…!

 

先週末は本を一気にドネーションして

今週は公募した貰い手さんたちに、10着強のお洋服をお譲りする予定です

 

f:id:puspam:20170920080447j:plain

 

昨日すべて洗って、たたんで、袋詰めまで完了!

旅立ちの準備は万端です

 

 

わたしには転売ではなく「寄付」「譲る」が向いていた

 

実は、「売れるだろうな〜」と思うお洋服を少し前にメルカリに登録していました

 

なんとなく、断捨離=メルカリという図式が頭の中にあったのです

(メルカリを使ったこともないのに)

 

でもユーザーから届くメッセージのやりとりが面倒で、転売したい気持ちがしゅるしゅるとしぼんでしまい…(笑)

 

小金…欲しかったけれど、それ以上に面倒くさい!

と小さくバクハツしていました^^;

 

そして

これからも活用してくれそうな人にお譲りするほうが、ずっと気分がいい

と思うようになりました

 

 

ベトナムの孤児院での経験

 

というのも、大学のときのある出来事を思い出したからです。

 

長期休みにボランティアでベトナムの孤児院を訪問したときのこと

ちょうど旧正月の時期だったこともあり、院には世界から寄付されたおもちゃが届いていました

 

1人1人、おもちゃを選ぶ姿がとても嬉しそうで

今でもすごく印象に残っています

 

それまでは自分が使ったものを人にあげることに抵抗がありました

わたしはいらない=他の人も要らない

そう思い込んでいたんです

 

でももっと広い視野でものを見たら、貰い手はどこかにいるものなのかも

強者、弱者、そういったことを抜きにして。

 

このきっかけが残っていたからこそ、「譲る」ことへ踏み出せた気がします

 

 

自分に一番合う「モノの手放し方」は?

 

転売は面倒で合わなかったわたしですが

譲ることは相手の喜んだ顔が見られるから好き

 

転売をしようとしていた時には断捨離がどんどん面倒になったのに

譲ろうと思ってからはスムーズでした

 

逆にビジネスに強い人は

転売でストレスを感じずにモノの流れを良くできそうです

 

潔い人は捨てることに迷いがない

 

断捨離の手段は人それぞれ

自分に合う手放し方を知っていたら、断捨離もずっとスムーズになるんですね

 

 

PS:アメリカ在住者の、本の寄付の仕方

 

参考までに、アメリカ在住の方向けに本の寄付の仕方を紹介します^^

アメリカにブックオフって数件しかないですからね〜(笑)

 

今回はサンフランシスコ・イーストベイにある「ひまわり会」というグループが主催する古本市にまとめて寄付をしました

 

himawarikai.org

 

ですがこういった団体がない場合は、よく近所の図書館に寄付します

 

わたしが今まで行ったハワイ・シカゴ・サンフランシスコなどの図書館は、日本語の本に関しては寄付のみで成り立っていました

 

(数少ない日本語リーダーのために費用を割いてはくれないですもんね)

 

 

PS2:サンフランシスコ周辺に住む方向けの、洋服の寄付の仕方

 

そして公募で見つけたお洋服の貰い手さん達ですが…

これはSale N Buyというサイトで見つけました

 

sale-n-buy.com

 

ガレージセールをオンライン上で開ける転売サイトです

アメリカ在住の日本人の方で、サンフランシスコ周辺の方にヘビロテしている人が多い印象

シリコンバレーの人が開発したとかなんでしょうかね?

 

洋服、家具、電化製品etc…色々なものを売り買いできます

わたしは全て0円にしてお譲りとしましたが、もちろん課金もできますよ^^

 

 

 

 

ブログランキングに参加してみました

ボタンを押して応援していただけたら嬉しいです

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村